2005年07月25日

某ゲーム(おとぼく)と軽SYNとサザンと

無茶苦茶なタイトルですが、18禁ゲームの名前を出すのは避けようかと思いまして。
//
なんて書いてたらPS2版発売予定とのことなので堂々と(どこが?)名前を出してみました。
#http://georg.paslog.jp/article/61498.html参照で。
//
18禁ゲームなんて物を初めて買ってみたのですが何故かどっぷりと填まってたり。
祖父の遺言(+幼馴染の企み)で、主人公が女装して女学校の寮に住む羽目に……

18禁ですから何事も無い訳ないのですが、軽SYN世代の私としてはあの漫画のように
もっと派手な展開があるのかと思ったら意外にも(?)純愛路線と言うか。
正直、えっちシーンがあんなに取ってつけたようで浮くとは思いませんでした。

で、いきなり話は飛ぶのですが「軽井沢シンドローム」、なんともいい時代でしたねぇ。
あの話は私にとっては「純生と絵里の恋物語」でもあるのです。
そして、思い出すのが「いとしのエリー」。はい、これでタイトルが繋がりましたね(微笑)。
今年も未だ未だ頑張っているようで、やっぱり桑田さんはすごいと思うのです。

さて、その「軽井沢シンドローム」でアメリカを夢見た主人公に代わって、その息子が
登場する「軽井沢シンドロームSPROUT」が連載中だとか。コミックス一巻だけ読んでは
みたのですがやっぱり時代が違いますね。当時の若者連中と今の若僧とではパワーは
兎も角勢いが違うと言うかなんと言うか……ね。

って、すっかり話題が某ゲームから逸れてしまいましたが、実は填まりついでにページを
作ろうかと思っているのでその下地として。
取り敢えず、上にも書いたような軽SYN風アレンジをぽそっと投下。
//
ま○○(幼馴染)「み○○ちゃーん、今日み○○ちゃんの部屋に行ってもいいかなぁ。」
み○○(主人公)「あ…ごめんなさい、これからた○○さんと待ち合わせなの。」
ま○○「なに〜、た○○の奴め〜!」
み○○「一昨日も来たでしょ。それにね、た○○さんは生徒会で忙しいから今日じゃないとね。」
ま○○「しょうがないなぁみ○○ちゃんは。それじゃ、明日にしとくかぁ。」
か○(後輩)「それはダメなのですよ〜、明日はか○が一緒にお休みさせていただくのですよ〜。」

……なんつーか、ダメすぎ>自分
posted by 性悪狐 at 04:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | PSO/RO以外のゲーム
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。