2005年04月17日

「Half Moon」の検証

SS宣伝シリーズ第一弾と言うことで、「Half Moon」の検証をしてみました。
このSSでは下弦(1)の半月(2)の頃、花を楽しみながら(3)酒を飲んでいます。
では、本当に下限の月を見ながら桜を見ることができるのでしょうか。
ここ数年の関連するデータを調べてみました(4)。
結論から言うと毎年と言うわけにはいかないものの、丁度いい日があるようです。
例えば今年、東京の桜の開花日が3/31で次の日曜が4/3。満開にはなっていませんが、
4/2が丁度下弦の半月ですからばっちりです。
時間的にも、月の出が2:49でぴったり(5)。日の出頃も月は未だ南の空にあります。
当時そこまで計算したかどうかは記憶にありませんが、辻褄は合っていたようです。
(1)「所謂下弦の月」と明言しています。
(2)「HalfMoon」は当然半月です。
(3)残念ながら本文にはありませんが(ダメですね)、「月下獨酌」に「花間一壷酒」、
「行楽須及春」とあります。
(4)気象庁など公式発表によると次の通り。尚、今年の満開日のみ、未確認。
桜の開花日桜の満開日下弦の半月最も近い日曜月の出日の出
2002年3月16日3月21日4月5日4月7日3:205:22
2003年3月27日4月1日3月25日3月23日23:425:43
2004年3月18日3月29日4月12日4月11日1:005:16
2005年3月31日4月9日頃4月2日4月3日2:495:27

2002年、2004年は少々北へ、2003年は南に行かないといけないようです。
(5)「時間は27時過ぎ」とありますから、丁度月が昇り始めた頃です。
//
つい気になって調べたのでまとめたものの、我乍らくだらないことを書いてますな。
posted by 性悪狐 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | SS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3005739
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。