2005年04月07日

FRAMY(フレーミー)

突発的に好きなものを紹介する癖がありますが今回はこれ。
タイトルの名前の犬が活躍する、NHK教育の「ピタゴラスイッチ」内の1コーナーですが。
  ┌─┐    ┌─┐
  │┌┼──┼┐│
  └┼┘    └┼┘
    │ ・   ・  │            /\
■─┼┐    ┌┼──────┐/
└─┴┴──┼┘            │
            │              │
            └───────┘
         ┌┐┌┐ ┌┐┌┐
         ││││ ││││
         └┘└┘ └┘└┘
参考資料:http://www.chara-labo.com/satou.pdf
仕掛け人:http://www.masahicom.com/top.html
ファンによる解説:http://blog.so-net.ne.jp/yukiwochannel/2005-02-07 (トラックバック元)
トラックバック元の人が「ピタゴラスイッチ」のファンだそうで、ストーリー解説もあります。
フレーミーのイラストもあるので是非。
posted by 性悪狐 at 09:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 映画/アート
はじめまして。ユキヲです。
トラックバックありがとうございました。
飾り文字だけでのフレーミー表現↑…ステキですっ。
いやはや、こちらにお邪魔して私もいろいろと勉強になりました。
佐藤雅彦さんのHPは何度が見ていたんですけど参考資料というものがあるとは…(驚)
フレーミーや10本アニメも佐藤さんの手にかかると「キャラクター制作についての考察」の材料なんですね(笑)

最近、私も購入したばかりで少しずつ読み進めているのですが、「佐藤雅彦全仕事」という、佐藤さんが広告代理店の電通に所属されていた頃に制作したCMなどについて解説した本があるのですが…これを読むとまた「これはアルゴリズム体操の前身かもしれない」とかいろいろとイマジネーションがふくらんで面白い本ですよ。

これからもマイペースに記事を更新している予定なのでお時間ございましたらぜひまた遊びに来てくださいね。
Posted by ユキヲ at 2005年04月08日 00:43
ユキヲさん、来訪感謝。
私はイラスト描けませんからこういうので誤魔化すわけです。

フレーミーが背景の何もないところを歩いているのに
後ろ(右手)から線が追いかけてきてフレーミーを
追い越したところで上り坂になったり下り坂になったり。
そういう、最低限の線だけで見せる工夫に感心させられますね。
モノ作りに携わる人間として(狐だけど)、大いに刺激されます。

小説もぼちぼち公開していこうと思うので、またお越しください。
Posted by 性悪狐 at 2005年04月08日 08:34
こんばんは。
地元のイベントの当日パンフレットも
無事に入稿し、やっと狐さんの小説
読ませていただきました。

ちょうど読みやすいボリュームで
それぞれに味がありますね。
私は「赫い月に魅入られて……」が好きです。
私自身、月がスキなので…
無邪気にはしゃぐ女性を
冷静な目で見つめる主人公の男性。
なんとなく惹かれるというか気になります。
というか、私が以前に
村上春樹さんの「羊をめぐる冒険」などの
あの辺りのシリーズを熱心に読んでいたことも
関係しているかもしれませんが…(^ ^;)

学生時代には吉本ばななさんとか
山田詠美さんとか、あと姫野カオルコさんとかの
作品を読んでましたけど…
今では、群よう子さんとか、江国香織さんとか
まあ、OLさんがよく読む王道の作家さんを
読みますけど…
向田邦子さんは学生の頃から今でも好きな
作家さんですね。
Posted by ユキヲ at 2005年04月23日 21:35
入稿お疲れ様。
早速読んでいただいたようでありがとうございます。

「赫い月…」、気に入ってくださる方が多いようで。
詳細は避けますが、挙げられている作家の作品は
残念ながら私は一切読んだことがありません。

考えてみたら、私の読むものって偏ってます……
#その辺りもまたいずれ。
Posted by 性悪狐 at 2005年04月24日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。