2006年01月04日

「百花蜂蜜」と沖縄の音楽

すっかりご無沙汰してしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

処で、前にも書きましたが先々月に沖縄に行きました。
お約束のように国際通りをうろついたのですが、一本裏の道で面白い喫茶店を見つけました。
その辺りはまた改めて書くとして、そのお店で見つけたCDがこれ、「百花蜂蜜」です。
百花蜂蜜
どうやら"Violent Colors"というインディーズの自主制作版のようです。
中面(上の画像では左側)を見るとWebSiteのアドレス(http://colors.her.jp/ )がありました。
購入した次の日に借りたレンタカーで聞き込んでみましたが、音はなんと言うか、
昭和っぽいと言うかライトロックぽいと言うか、楽しい音でした。
曲目は「揚羽」「御伽の森」「月見草」の三曲がリストアップされ、更に一曲おまけつき。
実は個人的には最後の曲がライブっぽいと言うこともあって非常に楽しめたのですが。

それはさておき、今回の沖縄では宴会に沖縄音楽・舞踊の実演がついてきました。
民族衣装を着たバンドがオケとご年配の女性の踊りに合わせてリズム楽器を叩いてたのですが、
踊りが一段落したところで今度は彼らが舞台に。当然ここからはオケなし生演奏。
何曲か沖縄民謡を演奏した後、彼らが演奏したのは私も大好きな"The Boom"の「島唄」。
Boomのそれは洗練されたイメージの曲なのですが、彼らの歌う「島唄」は島唄のイメージ。
というと判り難いかもしれませんが、民謡である島唄の歌い方で「島唄」を歌っているのです。

この2例だけで判った積もりになるわけではないのですが、ちょっとした沖縄音楽体験でした。
posted by 性悪狐 at 23:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画/アート
島唄、どんなバージョンでも
よかうたですな♪
Posted by 蝶ちゃん at 2011年02月23日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。