2006年09月30日

クリタン型紙第二号

未だにクリタン(クリエイトユアタンブラー:Create Your Own Tumbler)で検索して
私のブログに来られる方もあるようなので、二号も紹介しましょう。
前回のNZ(http://foxes-nest.seesaa.net/article/3601936.html )に続き、
今度もまた山の写真で作ってみました。
先ずは例によってデジカメ写真を加工してテンプレートと合成。
Mt@ALPS
#今回は露骨に変形させてみました。

で、できあがりはこちら。
AlpsOnクリタン

この一年間一号を使ってきての感想を最後に。
温度差の影響を受ける関係で、しばしば水滴が吐くくらいですから予測はしていましたが、
インクジェットプリンタのインクは若干流れ出すようです。紙も普通のコピー紙なので
結構よれよれになりますし。
機会があれば、吸湿するようなものを入れるか耐水性を高める工夫をしてみたいと思います。
posted by 性悪狐 at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノ(item)

2006年09月24日

空を飛ぶことの意味

長らくご無沙汰していますが、このネタは日記ブログ向きではないので本家のこちらで。

トラックバック先の記事にもあるように私は飛ぶものが好きです。
#http://foxes-nest.seesaa.net/article/874104.html
そんな私がNTVで毎年放映している鳥人間コンテストを見ないはずもありません。
#http://www.ytv.co.jp/birdman/
今年は、あの乾電池で飛んでしまった東工大のチームの機体が出ていたはずです。
#http://oxyride.jp
あの美しい機体が人の手で琵琶湖を往復する絵を見られるかもしれない、そう思いました。
勿論、他の強豪チーム(日大理工学部、東北大など)のフライトも期待していましたし、
彼らもタイムトライアルの大阪府立大チームも素晴らしいドラマを見せてくれましたが。

処が、番組では東工大の名前は「飛行禁止区域への立ち入りのため失格」の文字のみ。
今までも浜に乗り上げて失格になったチームも上陸直前に緊急着水したチームもありました。
しかしそれらはきちんと映像で紹介されていたのに何故東工大機の映像がないのでしょう。

勿論、理由がありました。残念なことに、パイロットが骨折する事故を起こしていたのです。
東工大マイスターのサイトから手繰るといろんなことが読めてきます。
#http://meister-online.no-ip.org/meister/main/
詳細は省きますが、「空を飛ぶ」能力(ちから)を得た人間に課せられた責任の重さを感じました。
そして、それは隠蔽するべきことではなく、公開し語り合うべきものじゃないかと。
NTV側が「なかったこと」にしたいのはよく判ります。
しかし、それは果たして報道と言う能力を持つ団体のとるべき姿勢なのでしょうか。
続きを読む
posted by 性悪狐 at 21:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | モノ(item)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。